その他

takebat.com1週間まとめ記事(2016年2月15日~2月21日ver.)

1週間まとめ記事

いつもご覧になって頂きありがとうございます! 先週の記事でお見逃しになったものがあれば、今回のまとめ記事でぜひチェックしてみてくださいね。

今週の記事は以下になっております。

article_costdown_windom

腕をしっかり振れば振るほど打球が飛ばなくなっていくという悲しい現実
目で見るから失敗しています。 ~ボール球の変化球を見極める技術~
打者にとって最も大切な筋肉は腕や脚なんかではありません ~バッティングに大切な筋肉~
スイングはキレイな円を描くとダメ! ~これからのスイングの常識はインサイドアウトが鍵~
前を大きく振ろうとすればするほど、打球は前へと飛んで行かなくなります。
スイングの時に筋肉を意識しますか? ~バッティングに筋トレが不要な理由~
よく当たる人いますよね! 自打球が当たる理由について考えたことありますか?

腕をしっかり振れば振るほど打球が飛ばなくなっていくという悲しい現実

野球界でよく言われる「腕をふれ」という言葉の正体について記しています。振っていない選手なんていないのに、こんなアドバイスで打てるようになるはずありませんよね。

takebat_article118

 

目で見るから失敗しています。 ~ボール球の変化球を見極める技術~

「選球眼」という言葉があるので、何となく目でボール球を見極めている感じがしますが、それはまったくの嘘です。冷静になって考えてみれば分かると思いますが、そんなにボールは凝視していなくないですか?

takebat_article119

打者にとって最も大切な筋肉は腕や脚なんかではありません ~バッティングに大切な筋肉~

質問内容で一番多い、「バッティングにとって必要な筋肉はどこなのか」というものにお応えした内容です。「腕」や「脚」の筋肉が大切だと言われることが多い中で、皆さんが注目しないあの筋肉について解説しています。

takebat_article120

スイングはキレイな円を描くとダメ! ~これからのスイングの常識はインサイドアウトが鍵~

「スイング」をする時に「円」を描くことをイメージしている人が大半ではないでしょうか? しかし、もっとも効率的なスイングというのは「円を描くこと」ではありません。

takebat_article121

前を大きく振ろうとすればするほど、打球は前へと飛んで行かなくなります。

野球界では「前を大きく振りなさい」というアドバイスが常識的になされていますが、「前を大きく振る」とはどういうことなのでしょうか? 実際には「前を大きく振ろう」とすればするほど、打球は前へと飛んでいかなくなっています。

takebat_article122

スイングの時に筋肉を意識しますか? ~バッティングに筋トレが不要な理由~

「スイング」している時に、どこか特的の「筋肉」を意識してスイングしているでしょうか? スイングという「動作」はあらゆる筋肉の複合的な動きの結果として実現しています。「筋トレ」とそもそもの使い方が違います。

takebat_article123

よく当たる人いますよね! 自打球が当たる理由について考えたことありますか?

「自打球」が当たりやすい理由について解説しました。しかし、その正体を知れば、「自打球」が当たらない人にとってもバッティングの技術を向上させるヒントが隠されていました。

takebat_article124

その他の関連記事

Contents Menu

takebat.com1週間まとめ記事(2015年12月28日~2016年1月3日ver.)
【第3話】アンパイアの前では良い子になる ~審判を利用して試合に勝つ小悪魔的手法~
野球はチームスポーツではありません。
takebat.com1週間まとめ記事(2015年12月21日~12月27日ver.)
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年4月4日~4月10日ver.)
takebat.com1週間まとめ記事(2015年11月9 日~11月15日ver.)

最新記事のチェックにフォローしよう