技術向上

前を大きく振ろうとすればするほど、打球は前へと飛んで行かなくなります。

「前を大きく振る」意識をするからおかしくなる

バッティングが良いと言われる選手の共通の特徴の一つに、

前が大きいスイングをしている

というものがあります。

そのため、指導者といった周りの人間はアドバイスとして「前を大きく振るんだ!」と言ったりします。

しかし、ここでもう一つ面白い事実があります。

前を大きく振ろうとすればするほど、打球が前に飛んでいかなくなる

という事実です。

つまり、打てない打者だからといって、打てる打者の真似をすることは簡単ではないということです。

前を大きく振ることを意識するとダメな理由

前を大きく振ることを意識するとダメな理由は案外分かりやすいものです。

それは、

バッティングが良いとされる打者は、前を大きく振ろうと思って振っている訳ではない

からです。

他に意識しているものがあった結果としてスイングの前が大きくなっているにすぎません。

ということは、前を大きく振るスイングになるための要因を探っていかなければなりません。

そんな中で前を大きく振ろうと意識していたのでは、元々打てない打者が打てるようになるわけがありません。

前を大きく振るために必要なこと

では、前を大きく振るようなスイングを実現するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

それを実現するためには、

バックスイングを取らないようにすること

です。

バックスイングをとればとるほど前が小さいスイングになります。

一番の簡単な改善方法の一つはバックスイングを取らないことです。

それでも変化しない人は、

ボールに対してバットを振るという意識をなくし、バットを直線的にボールにぶつけるという意識で振る

ことです。

「バックスイングをしないこと」、「バットを直接的にボールにぶつけること」、の2つを行えば必ず変化が出るでしょう。

前を大きくしようと意識すればするほど、前を大きく振ることはできません。

矛盾するようですが、ある特定の動きを変化させようとした時、直接的に目に見えて現れている結果を変えても変化しないことが大半です。

原因とは、現れている現象とは全く別のところにあることが非常に多く、逆に適切な原因を発見できると、すんなり解決してしまうようなことが少なくありません。

バッティングフォームを変えて打てる打者になりたいと思ったら、自分のバッティングフォームを分析し、打てない要因を洗い出して練習に取り組んでください。

ただ闇雲に練習だけしても効果は上がりません。

要因の洗い出しと検証を繰り返すことが、うまくなるための最短ルートです

技術向上の関連記事

Contents Menu

変化球の打ち方は2種類しかない
野球は物理の法則で成り立っている。
野球を上達したければ監督のハナシは聞き流せ
練習をサボると野球が上手くなるのは歴史が証明してきた
プロ野球選手に教わると下手になる
『野球の常識はスポーツの非常識』が無料で読めるチャンス! ※2日間限定

最新記事のチェックにフォローしよう