その他

takebat.com~1週間まとめ記事(2016年6月13日~6月19日ver.)

takebat.com~1週間まとめ記事~

いつもご覧になって頂きありがとうございます! 先週の記事でお見逃しになったものがあれば、今回のまとめ記事でぜひチェックしてみてくださいね。

今週の記事は以下になっております。

▼MONOBUNの「ある爆風音」を公開中▼

headerimg_monobun(660)

▼炭化竹バット「WINDOM」が入荷しました!▼

headerimg_carbon

大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
練習量と勝敗が比例していると本気で思っているの? ~闇雲にやる練習の無意味さ~
あなたはちゃんと病気の対策をしている? ~試合に出るためには病気は天敵/Ziasui~
バッティングを上達させるには練習時間を増やす発想をなくすこと
レベルスイングって何なの? ~レベルスイングの正体~
バッティングでヘッドが下がるとダメなの? ~ヘッドは必ず下がるモノ~
ダウンスイングって良いの? ~ダウンスイングの正体~

大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~

「調整」という練習をすることありませんか? でもこれは何のために「調整」しているのでしょうか?

本来の目的は「大会」にベストコンディションで挑むために行っているはずです。そのために野球選手の多くがやっている「調整」は意味をなしていませんよ。

takebat_article237

練習量と勝敗が比例していると本気で思っているの? ~闇雲にやる練習の無意味さ~

野球界では、試合や練習試合で失敗をすると、その失敗した内容をひたすら繰り返し練習し続けます。つまり「練習量」で技術を身に着けようとします。

しかし、その「練習量」を増やしたとしても、比例して技術を身に着けられることはありえません。

takebat_article238

あなたはちゃんと病気の対策をしている? ~試合に出るためには病気は天敵/Ziasui~

野球選手をはじめとしたスポーツ選手は、体調管理が大切であることは言うまでもありません。あなたは何らかの対策をしていますか?

グローブやスパイクといった消臭も可能で、除菌効果が期待できる「Ziasui/ジアスイ」が発売開始しました。現在無料モニターも募集しているのでお急ぎでチェックしてください。

headerimg_monitor_ziasui(660)

バッティングを上達させるには練習時間を増やす発想をなくすこと

野球選手の大半は、「バッティング」技術を向上させるために全力を注いでいることと思います。しかし、その技術を「練習量」によって向上させようとします。

上達するために「練習」が必要であることは間違いありませんが、「練習量」でカバーしようとするのは考え方が甘すぎると思いませんか?

takebat_article240

レベルスイングって何なの? ~レベルスイングの正体~

「レベルスイング」って何なのでしょうか? 実は明確的な定義なんてありません。

それにも関わらず、「レベルスイング」を勧める指導者が後を絶ちません。いったい何を実現したいのでしょうか。

takebat_article241

バッティングでヘッドが下がるとダメなの? ~ヘッドは必ず下がるモノ~

野球界で「バッティング」について語られる時、「ヘッド」について説明がなされることが多いですよね。

そしてよく、「ヘッドが下がらないように・・・」と言われますが、「ヘッド」を下げずにあなたは「スイング」できますか?

takebat_article242

ダウンスイングって良いの? ~ダウンスイングの正体~

「ダウンスイング」を勧める指導者はたくさんいます。しかし冷静に考えた時になんのために「ダウンスイング」をしているのでしょうか?

あなたが求める結果が、本当に実現できているのであれば「ダウンスイング」を続ければいいと思いますが、そうでないならば・・・

takebat_article243

その他の関連記事

Contents Menu

野球を辞めた後に困りたくなかったら野球で生計をたてようとしてはいけない
takebat.com1週間まとめ記事(2016年1月18日~1月24日ver.)
元広島カープ/捕手 木村一喜氏 『炭化竹バットはトップレベルのクオリティ』
【第1話】アンパイアも実は不安でいっぱい ~審判を利用して試合に勝つ小悪魔的手法~
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月2日~5月8日ver.)
takebat.com~1週間まとめ記事(2016年5月30日~6月5日ver.)

最新記事のチェックにフォローしよう