技術向上

大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~

大会にベストコンディションで挑む方法

野球選手であれば、誰しもが公式戦などの大会にベストコンディションで挑みたいと考えるものです。

そのために、日々の苦しい練習に耐え抜き、身体を鍛え上げ、技術を磨いているはずです。

しかし、いざ本番を迎えた時には、疲労が蓄積されきっていたり、なぜかバッティングの調子が良くなくなっていたりするものです。

その原因は「調整」練習の捉え方に問題があり、そもそも根本的なことを野球選手は忘れてしまっているからです。

それは

野球選手は「選手」である前にまず「人間」

だという事です。

この事実を忘れてしまっているために、野球選手は自分の身体の勉強をすることを怠っています。

スポーツ選手は身体が健康で初めて最高のパフォーマンスをすることが可能で、人間の身体の構造を知らなければトレーニングを無意味にしてしまいます。

まずその「人間である」という部分から考えていくことで、自分のコンディショニング方法をつくっていきましょう。

>次のページ:大会直前の「調整」練習に意味はありません

技術向上の関連記事

Contents Menu

打者がバッティングトレーニングすべきことは1つだけ
野球の勝敗が練習量に比例しているわけがない
バッティングを良くしたいならボールを見ないことが基本
坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点
試合に出るために最も必要なことは技術ではありません
野球が上達するために必要な練習を見分ける方法

最新記事のチェックにフォローしよう