技術向上

バッティングは筋肉で飛ばすものではありません

打球を遠くに飛ばすために必要なこと

打球を遠く飛ばすために筋トレをする人がたくさんいますが、この考え方は根本的に間違っています。

takebat.comには、バッティングに関する問い合わせがたくさんありますが、なかでも「打球を遠くに飛ばすにはどうしたらいいのか」という質問をたくさん頂きます。

少年野球や中学野球では、ゴロを打つような指導をするところが多いようですが、野球選手をやっているからにはやはりホームランを狙いたいというのが本音という良い例でしょう。

takebat.com」はホームラン推進派です(『バッティングトレーニングの基本はホームランを狙うこと』)。

とはいえ、ホームランを打つために必要なことは「筋トレ」ではないのにも関わらず、野球界で一般的に打球を飛ばすためにできることは「筋トレ」ぐらいです。

ホームランにはホームランの打ち方というものがあり、天性の勘でホームランを打てる人がいるとは思いますが、誰でも練習をすれば打てるようにはなります。

本日の記事は打球を遠くに飛ばす事と「筋トレ」の関係性なので、詳しくは『ホームランの打ち方』をご確認ください。

打球を遠くに飛ばすために「筋トレ」を行う根拠としては、筋力をつけることでバットを振るエネルギーを大きくしようというものです。

いわゆる「スイングスピード」を上げようという考え方です。

しかし、

いくら「スイングスピード」が速くなってもインパクトの瞬間のエネルギーが大きくならなければ打球は強く遠くには飛ばすことができない

ということを忘れてしまっています(『バッティングにスイングスピードはいらない』)。

つまり打球を遠くまで飛ばすためには、

インパクトの瞬間に最も効率的にエネルギーを伝える身体の使い方をすること

です。

そのためには、

テイクバックを取らないこと

を実現することです(『テイクバックをとればとるほど打球は飛ばない』)。

>次のページ:バッティングは筋肉で飛ばすものではない

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングで打てない原因はヘッドの位置なんて気にしているから
冬場のトレーニングは無意味
マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実
ボールが止まって見えた・・・なんてありえるのか。
チームバッティングをするために必要なバッティングトレーニング方法
実は意味なんてなかった ~プロ野球選手が炎に向かって祈祷する秘密~

最新記事のチェックにフォローしよう