技術向上

バッティングにスイングスピードはいらない

脱スイングスピード宣言

現在の野球界でバッティングについて語られる時、「スイングスピード」について触れられないことはありません。

スイングスピードを測定する機械が開発され、スイングスピードを上げるためバットやトレーニング方法が開発されています。

確かに理論的には、スイングスピードが速いとバットがバールに強く当たるため、強い打球が打てるようになったり、飛距離が伸びていきます。

しかし、

打てる打者のスイングスピードは速いかもしれませんが、スイングスピードが速いから打てるわけではない

ということを理解しないといけません。

つまり、

強い打球や飛距離のある打球を打てるように工夫していると、気づけばスイングスピードも速くなっていた

という形を打者は追及しなければなりません。

本日の記事では「スイングスピード」を求めることの、認識のズレや、さらにその認識のズレのために弊害が起きているという事実をお伝えします。

そして「スイングスピード」を求めた練習を辞め、「脱スイングスピード宣言」を掲げましょう。

>次のページ:スイングスピードをいくら速くしても何も変わらない

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングはバットを振るんじゃなく押し出せ!
野球界は非常識のオンパレード
野球選手に今もっとも必要なことは勉強すること
バッターが三振しないために大切な2つのポイント
バッティングでボールに打ち負けないために必要なこと
バッティングトレーニングはフライを打とう

最新記事のチェックにフォローしよう