技術向上

バッティングトレーニングの基本はホームランを狙うこと

バッティングトレーニングの基本はホームランを狙うこと

野球界には様々なバッティングの理論が存在し、様々なトレーニング方法が存在しています。

takebat.comでは、自分の身体にあったものであれば、どんなフォームやどんな理論を取り入れていても構わないと思うのですが、たった一つだけ行って欲しい練習があります。

それは

ホームランを狙ったホームランを打つための練習をすること

です。

なんてことを・・・そんなことしたら監督やコーチに怒られてしまうよ・・・と思った方は、こっそり隠れてでもホームランを狙ったバッティング練習を必ずしてください。

それぐらい重要なことです。

なぜホームランを狙った練習が必要かというと、

ホームラン以外を意図したバッティングは、フォームをこじんまりとしたものにしてしまうから

です。

簡単に言えば、打者としての可能性を制限してしまうものになってしまうからです。

目の前の生き残りにかけたような野球のやり方はプロ野球選手になってからで十分です。

少なくとも高校生ぐらいまでは、いつでも全力フルスイングできるぐらいの準備をしておいた方が良いでしょう。

 

ちなみに、

ホームランを打つためにはホームランを打つための練習をしなければ打てない

ということをご存じでしょうか?

当然ながら天性の感覚でホームランを打つことができる選手がいることは事実です。

しかし、ホームランにはホームランの打ち方が存在しています(『ホームランの打ち方』)。

ホームランになるような飛距離を狙った練習を行わずに、ゴロを打つ練習や、バントの練習、エンドランの練習などばかりをしていると、大きな飛距離を出すバッティングができなくなってしまいます。

ホームランは中学生程度のスイングスピードがあれば、十分オーバーフェンスを狙うことができます。

昔は人のハナシを無視してでも自分のバッティングを貫くような打者が必ず存在していました。

現在のように簡単に情報を手に入れることができない時代だったため、変な先入観なしに野球へと取り組めたのかもしれません。

しかし、ここ最近のプロ野球選手を見ていると、技術的に大きな飛躍があるはずなのに、スター性をもった選手がいません。

何か魅力にかける世界となってしまいました。

あくまで感覚的な話にすぎませんが、同じような感覚を持っている方は少なくはないはずです。

記録を創る選手はいても、記憶に残るような強烈な選手は少なくなっているように感じます。

記憶に強烈な形で残る選手が多ければ多いほど野球界が盛り上がっていくことは間違いありません。

そのため、記憶に残るスター選手を、現在の小学生や中学生から育て上げるためにも、こじんまりしたセオリー通りの野球ではなく、可能性を無限大に広げるような野球を追求すべきだと考えます。

その中の一つとして、ホームランを狙って練習することをトレーニングの一つとして取り入れることをおススメします。

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~
右打ち 左打ち どっちが有利? ~特性を分ける意外な理由~
よく当たる人いますよね! 自打球が当たる理由について考えたことありますか?
スクワット VS うさぎとび ~野球に必要な足腰のためにはどっち?~
野球選手にとって必要な「体幹」について知りましょう。
ボールをよく見たら打てない

最新記事のチェックにフォローしよう