竹バット

takebat.com1週間まとめ記事(2016年3月14日~3月20日ver.)

takebat.com1週間まとめ記事

いつもご覧になって頂きありがとうございます! 先週の記事でお見逃しになったものがあれば、今回のまとめ記事でぜひチェックしてみてくださいね。

今週の記事は以下になっております。

takebat_article150

headerimg_takepng

野球界の練習は僧侶育成プログラム?! ~今の野球界には進化が求められている~
野球選手が「安定」した身体作りをするために必要なキーワード
王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~
野球を下手にさせているのは自分自身 ~野球をやり続けるために一番やらなければいけないこと~
「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始
あなたのバッティングが上手くいかない根本的な原因を解説します。
バッティングマシンと投手が投げる140km/hのボールが違う理由

野球界の練習は僧侶育成プログラム?! ~今の野球界には進化が求められている~

野球界で長々と受け継がれているトレーニング方法や技術論は、もはや修行僧と同じレベルになっています。決して良い悪いの問題ではなく、目的はなんなのかというハナシです。

takebat_article146

野球選手が「安定」した身体作りをするために必要なキーワード

「固めれば不安定 緩めれば安定」という言葉を聞いてあなたはどのような感覚を抱きますか? もしこれに違和感を感じるようであれば、あなたの「安定」の定義がずれてしまっています。

takebat_article147

王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~

世界のホームラン王である「王貞治」氏が現役当時に「真剣」を用いて練習していたことは有名です。しかし、なぜ「真剣」を使っていたか知っていますか?

真似をしている人はいないかと思いますが、本質を探らなければ意味がありませんよ。

takebat_article148

野球を下手にさせているのは自分自身 ~野球をやり続けるために一番やらなければいけないこと~

野球選手は技術を向上させることを考えた時、「トレーニングをすること」ばかりに目が行きがちになります。何か失敗すればすぐに練習量でごまかそうとします。

野球選手であり続けたいのであれば、今すぐに知っておかなければいけないことがあります。

takebat_article149

「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始

「takebat.com」において常に伝えていた「テイクバックをとらないこと」がとうとう一冊の電子書籍にまとめられました。

プロ野球界では「知る人ぞ知る」という形で50年以上伝えられてきていた技術がとうとう世に広められる瞬間がきました。いち早くチェックして皆に差をつけましょう。今がチャンスです。

takebat_article150

あなたのバッティングが上手くいかない根本的な原因を解説します。

バッティング技術などが語られていることはよくありますが、ここに記している根本的なことを理解していないと、どんな理論を取り入れてもただのギャンブルです。

たまたま、うまくいくいっても、うまくいった理由が分からないのですぐに調子を崩してしまうでしょう。根本的なことから考えましょう。

takebat_article151

バッティングマシンと投手が投げる140km/hのボールが違う理由

マシンと実際の人間が、同じ球速を投げたとしても、体感として異なることは、誰しもが気づいていることだと思います。

しかし、なぜ違うのかを考える人はとても少ないのではないでしょうか。この違いを考えることはバッティング技術を向上させる第一歩になります。

takebat_article152

竹バットの関連記事

Contents Menu

野球選手のスパイクはまだまだ進化できる/五宝賢太郎氏【靴工房GRENSTOCK】
前代未聞の野球選手向けトレーニングアイテム
MONOBUNをネクストで使ってますか?
野球選手ならできるだけ木製バットでバッティング練習をしましょう。
ホームランは練習して打つもの
MONOBUNを使う選手と使わない選手の差が明らかに。

最新記事のチェックにフォローしよう