技術向上

野球選手をダメにしているのは親のあなたかもしれない

自分たちが習ってきた野球が正しいわけではない

野球には「バッティングフォーム」や、「ピッチングフォーム」、「捕球のやり方」や「走り方」など、かならず「フォーム」と言われるものがあります。

野球選手である限りあらゆるフォームを追求していくことになるのは間違いないのですが、野球界では追求の過程でダメになってしまう選手がたくさんいます。

これは、指導者側の問題です。

中途半端な指導者ばかりが多く、自分たちが習ってきたことを選手に伝えようとします。

これの問題が分かりますか?

それは

「自分たちが習ってきたこと」が正しいという根拠にはならない

ということです。

さらに問題なことが、

野球界の常識はスポーツの非常識である

ということです。

テイクバック不要論」に代表される、野球界で日々伝えられている練習や技術論には誤りや、進化を取り残されてしまったことばかりです。(『「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始』)

はっきり言えば、

選手をダメにしてしまっているのは親であるあなた

の可能性があります。

実は子どものころに自分も不思議に思っていたことが、いつの間にかその業界の常識に染まってしまっているだけです。

>次のページ:野球の適切なフォームは「子ども」の方が知っている

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手は足が速くなくても盗塁はできる
野球が上達するために技術論やトレーニングより大切なこと
野球選手にとって必要な飲み物のハナシ/Kindle版【発売開始】
野球界に今ある常識よりも10年先の常識を考えて練習しよう。
野球選手は練習を足し算で考えるのを辞めましょう
野手は腰を落とせば落とすほどエラーする

最新記事のチェックにフォローしよう