バッティング練習をする前に打者の役割を説明できる人間になろう

バッティング練習をする前に打者の役割を説明できる人間になろう

野球という競技をするためには、「打者」と「投手」の存在が必要です。

そしてそこから、守備をする「野手」が存在し、ベンチで指揮をとる「監督」や「コーチ」が存在します。

さらに、そんな両チームで試合を行い、目の前の試合に勝利することを目指して、勝利を積み重ねることで何らかの優勝への道を歩みます。

野球という競技は、チームが勝利を掴み取るために、各選手がそれぞれの役割を果たすことで、より勝率を高めることができます(『野球はチームスポーツではありません。』)。

と、ここまでは野球人であれば誰もが知っている当たり前のことでしょう。

しかし、次のことを本気で考えてみたことはあるでしょうか。

それは、

チームが勝利するための選手の「役割」とは何なのか

というこです。

なかでも今回の記事では、「打者」が果たすべき役割とは何なのか考えていきたいと思います。

意外にも、上記のような当たり前のような質問に対して、明確に答えられる人があまりいません。

打者としてどんな役割を果たすべきなのかを考えずにバッティング練習を繰り返しても、実現したいものがはっきりしていないのであれば、それはかなり非効率な練習です。

むしろ疲労ばかりが蓄積されて故障のリスクを高めるだけなので、これからの野球人はバットを振るよりも頭を使うトレーニングをしましょう。

>次のページ:打者が果たすべき役割は2つだけ

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングの重心位置は前でも後ろでも構わない。

2017年2月26日

MONOBUNを日々のバッティングにおいて最大の力を発揮する方法

2017年5月16日

バッターがやるべきこと

2017年3月11日

巨人/沢村投手は上手くいかないのを人のせいにしている場合ではない

2017年9月11日

野球選手は予備動作をなくすことで良くなる ~何かを「やる」勇気より「やらない」勇気~

2016年4月20日

野球界の無意味な練習をどんどん排除しましょう ~野球を上達するために必要な事とは?!~

2016年5月3日