技術向上

バッティングが不調な時に過去の好調なイメージを持ち出すと自滅のハジマリ

バッティングが不調な時に過去の好調なイメージを持ち出すと自滅のハジマリ

野球選手であれば必ず調子の波が存在しています。

バッティングだけでなく、ピッチングにもあらゆるものにも調子の波が存在しています。

好調な時もあれば、不調な時もあり、その調子の波はある程度は操れたとしても100%操れる選手はプロにも存在しません。

むしろ調子の波をできる限り把握できている選手が活躍し続ける選手とも言えます。

好調な時は気分が良いのであまり気にすることはないと思います。

しかし、一度不調に陥ると、細かいことにも悩んでしまうような追い込まれた精神状態になってしまいます。

そんな中で、野球選手バッティングにおいて不調の波がやって来た時、よくやってしまう失敗があります。

それは、

好調時の「動画」や「画像」を見て再現しようとする

ことです。

または、優秀な打者や有名な打者の物まねをしようとすることです。

しかし、その行為こそが「不調」から脱出するのを遠ざけているとお気づきでしょうか。

好調時の自分のスイングを見た所で無意味です。

仮に上手くいった選手も、それはたまたまで、再び調子が悪くなったら立ち直り方が分からず苦労する日がやってくるでしょう。

>次のページ:バッティングにおいて過去の自分の動画や画像を見ても参考にならない理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

「タメ」はバッティングに本当に必要なのか
体幹から力を伝えたバッティングって何?
バッティングの基本はゴロではない。
あなたはちゃんと病気の対策をしている? ~試合に出るためには病気は天敵/Ziasui~
打者が試合になると自分のスイングができなくなる理由
野球選手に必要なのは勝つことなのか成長することなのか

最新記事のチェックにフォローしよう