技術向上

野球の勝敗が練習量に比例しているわけがない

野球の勝敗が練習量に比例しているわけがない

練習量と勝敗は決して比例することはありません。

ここでは、練習をたくさんすることによって、「根性がついて強くなる」、「精神的に強くなる」といった抽象的な要素は考えないことにします。

一度で良いので、純粋に練習量を増やせば勝利の確率を高めることができるのかを考えてみてください。

すると全員が冒頭で伝えたことに同意されるのではないでしょうか。

練習量と勝敗は比例しません。

冷静に考えて、「根性」と「精神力」だけで試合に勝てるでしょうか。

確かに、「根性」や「精神力」を大切にすることで上手くいく人もいるでしょう。

しかし、そんな人は稀で、「根性」と「精神力」という考え方がはまらない人もたくさん存在します。

それにも関わらず、大半のスポーツ選手はうまくいかなければ「練習が足りなかった・・・」と考える傾向にあり、もちろん野球も例外ではありません。

例えば、打てなかった次の日は「バッティング練習」をたくさんこなそうとします。

しかしこれは完全に間違いです。

できないことを何の考えもなく繰り返す行為は逆効果になっています(『「できないこと」を練習しても意味がない』)。

>次のページ:闇雲に野球の練習をやる無意味さ

技術向上の関連記事

Contents Menu

【小難しすぎて閲覧注意】筋肉の働きについて真面目に語ってみました。【打者編】
野球選手が練習で走り込みをやらない勇気が必要な理由
野球に正しいバッティングフォームなんて存在しない
野球を辞めた後に困りたくなかったらトライアウトは受けるな?!
ワンバウンドを振ってしまわないために必要なこと
バッティングに必要なことはスイングスピードではない

最新記事のチェックにフォローしよう