竹バット

ホームランは練習して打つもの

ホームランはバッティング練習して打つもの

突然ですが質問です。

ホームランは天性でしか打てないと思っていませんか?

野球選手になった以上、年齢に関係なく、プロ野球選手のようにフェンスオーバーの打球を打ってみたいと思うことは当然です。

ところが、野球はチームスポーツを強調され、役割が大切なスポーツなので、チームの勝利やチーム事情により、個人の想いを押し殺してプレーしなければなりません。

しかし、このチームスポーツの重要性が野球選手の可能性を潰してしまっている大きな要因になっています。

その代表例がホームランでしょう。

ホームランは天性だけで打つものではありません。

れっきとしたホームランの打ち方が存在しています(『バッティングトレーニングをする前にホームランの打ち方を知ろう』)。

現在の野球界では、ホームランを打てるバッターになるきっかけは天性かもしれません。

しかし、どんなホームランバッターもバッティング練習の時に必ずホームランを打つ練習をしています。

ただ、練習中にホームラン性の当たりを打つ練習の許可が出ているかどうかの問題です。

つまり、

ホームランは練習して打つものである

ということです。

それにも関わらず、小さい頃からチーム事情を優先し、勝利にだけこだわった野球をしていると、その選手はどうなってしまうのでしょうか。

小さな時に勝ちばかりを意識する必要性はどれだけあるのでしょうか。

>次のページ:ホームランぐらい打てないバッターに将来はない

竹バットの関連記事

Contents Menu

炭化竹バット「無料モニター抽選会」キャンペーン終了まで10日【確変中】
【入荷情報】本気で上達した人のために開発された究極のトレーニングバット
苦しい練習を楽しくする方法
野球選手よ、受け身になるな!/元千葉ロッテ正捕手の橋本将氏インタビュー
MONOBUN戦士がオールジャパンに選出されました。
MONOBUNの「爆風音」の正体にせまる

最新記事のチェックにフォローしよう