技術向上

バッティングトレーニングをする前にホームランの打ち方を知ろう

バッティングトレーニングをする前にホームランの打ち方を知ろう

日本人の野球選手はホームランを打つための練習なんてほとんどしません。

よく「ホームランを打つためには才能が必要」なんて言われると思いますが、実は「ホームラン」には「打ち方」というのが存在しています。

確かに、このような「打ち方」を考えなくても、「ホームラン」を量産するような選手は、才能なのかもしれません。

しかし、どこかの段階では、「打ち方」について考える日が訪れます。

「投手」のレベルが上がる中で、何も考えずに振っていれば、打てなくなる日がやってきます。

なぜなら相手の「投手」も命がけで「打者」打たれないための策を講じてくるわけですから。

そんな中で各打者は自分の役割や特徴を生かして、自分のバッティングスタイルを確立していくわけです。

しかし、日本の野球界において「ホームラン」はギャンブルのような扱いを受けていることが多いため、ホームランの練習をしてようものなら直ぐに怒られてしまうでしょう。

ホームランは打ち方を練習しなくては打てるようにはなかなかなりません。

さらに、ホームランを打つようなバッティングはバッティング技術の向上にも直結しています(『ホームランを狙わないことは野球選手の未来を奪う。』)。

ぜひ、この機会にホームランの打ち方を学び、どんどんホームランを打つための練習をしましょう。

>次のページ:バットにボールがあたるとゴロになる??!

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは「静」から「動」への「動作」を実現すること
野球選手にクッション性の高いシューズは危険
背筋を鍛えたからといって飛距離が出るわけではない ~バッティングの本質のハナシ~
王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~
バッティング練習をする前に野球人生の短さを知ろう。
バッティングトレーニングをする前にバッターの役割を知ろう

最新記事のチェックにフォローしよう