技術向上

野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう

野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう

日本のスポーツにおいて「野球」というスポーツの位置付けは「国技」と言っても過言ではありません。

そのため、プレイヤーや関係者は、思ってもいなくても「国内ナンバーワン」だというくらいの大きなツラをしています。

プライドを持ってプレーすることは大切な部分もありますが、冷静になって考えてください。

今や日本は昔のような状態ではなくなっています。

現実として、野球界の中にも野球を続けるうちに将来的なデメリットがあることに気づく人が増えてきています。

様々なインフラの整備によって、海外を始めとした、昔では考えられなかった情報が、簡単に手に入れることができてしまいます。

それに伴ってか、子ども達のスポーツの選択肢も広まり、世界的なスポーツを選択するという人が増えている傾向にあります。

その代表格は「サッカー」でしょう。

そんな中で「野球」はというと、冷静に見れば世界的なスポーツではありません。

そのため「野球」の世界的評価は次第に低くなってくるのは当然です。

野球は世界的に見ればマイナースポーツです。

世界との壁が下がれば下がるほど、国内において野球が衰退していく傾向にあるのは当然の流れです。

昔のように国内だけの情報がメインだった時代とは全く状況が違います。

人はもっと世界的なスポーツ、もっと楽しいスポーツへと流れていくのが当然です。

それにも関わらず「野球界」は現状に気がつかず、未だに野球がナンバーワンのスポーツだと思っています。

>次のページ:いつまで野球が日本でナンバーワンのスポーツだと思っているの?

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】
バッティングは目で見たら打てなくなる
体幹から力を伝えたバッティングって何?
技術がないから試合に出られないわけではない
バッティングトレーニングをする前にバットを最短距離で出すの意味を知れ
バッティングでフルスイングするのは難しいって知っていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう