技術向上

バッティングトレーニングをする前にバッターの役割を知ろう

バッティングトレーニングをする前にバッターの役割を知ろう

野球の試合をするためには必ず「バッター」と「ピッチャー」が必要です。

さらに守備をする「野手」がいて、ベンチで指揮をとる「監督」や「コーチ」がいます。

そんな両チームで試合を行い、試合に勝利することを目指して、それぞれのチームが闘います。

そして最終的にはチームとして優勝を目指します。

そんな野球という競技においてチームが勝利を掴み取るためには、各選手がそれぞれの役割を果たすことで、より勝率を高めることができます(『野球はチームスポーツではない理由』)。

と、ここまでは野球人であれば誰もが知っていることだと思います。

しかし、チームが勝利するための選手の「役割」とは何か明確に言えるでしょうか。

なかでも「バッター」が果たすべき役割とはなんでしょうか。

意外にも、この質問に対して明確に答えられない人が多いのではないでしょうか。

答えは誰にでも当てはまる内容でなければいけません。

野球におけるバッターの役割について考えてみましょう。

>次のページ:野球におけるバッターの役割は2つだけ

技術向上の関連記事

Contents Menu

ストレッチはデメリットがあると思った方が良い
バッティングに大切なのは「後ろ側の腰」を意識すること
相手の監督を惑わせて試合を制する ~非常識な勝利を掴み取る方法~
バッティングのトレーニングをする時に考えること
野球の守備が上手くなりたければ、バッティングカウントを知れ
苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

最新記事のチェックにフォローしよう