技術向上

元野球選手の大半に指導力がない理由

元野球選手の大半に指導力がない理由

野球選手の大半は指導力はありません。

むしろ活躍した選手であればあるほど指導力がありません。

こんなことを言ってしまうとかなりの批判が出てくることは理解した上で話しているので、最後まで読んで頂いた段階で何か言ってもらえると幸いです。

これは決して指導者の立場にある人間ががんばっているかどうかといったレベルの話ではありません。

がんばっていようが選手の未来を潰しているのであれば指導者としては不十分です。

まだ、指導方法を模索しているならまだしも「言ったことをやらない」といって選手に責任転嫁していれば最悪でしょう(そんな監督がプロ野球でさえいましたね・・・)。

では、なぜ元野球選手の大半が指導能力がないのでしょうか。

それは

選手としての能力と指導者としての能力は全くの別物だから

です。

プロ野球選手で言えば、プレーヤーとして観客や一般の方への夢を与えるということに関しては抜きん出た能力を持っています。

しかし、そのほかのことに関しては特別ではないというだけです。

では、指導者にとって必要な能力とは何なのでしょうか。

それは

物事を伝える能力

です。

これは野球界全体を通して勉強する機会がないので、多くの野球選手に指導能力がないのは当然と言えるかもしれません。

>次のページ:言ってやらないのは伝え方が悪いから

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッターが苦手なコースを克服する方法
野球選手にとって”水泳”のトレーニングは効果的なのか?
野球界の監督・コーチがやっているかなりブラックな噂話
元野球選手の大半に指導力がない理由
野球選手がたくさん食べると弱くなる?
坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

最新記事のチェックにフォローしよう