技術向上

バッティングトレーニングとはホームランの練習をすること

バッティングトレーニングとはホームランの練習をすること

日本の野球現場でのバッティング指導は「ゴロを打て」、「上から叩け」、「フライを上げるな」が定番になっています。

この問題に関しては幾度となく記事にしてきました。

投手が投げるボールの軌道は、上から下に重力の影響を受けるため徐々に落下してバッターに向かってきます。

そのため、打者は下から上に振ることが最もボールを捉えやすい軌道になります。

これは決してアッパースイングをしようという短絡的なものではありませんが、どんな観点で言っていても「上から叩くメリット」はなく、「ゴロを打つ」確率を上げられるわけでもありません。

そして「ゴロを打つ練習」の最大の問題があります。

それは、

ホームランは打つ練習をしなければホームランを打てるような選手には絶対なれない

ことです。

野球界では昔から、「ヒットの延長がホームラン」と言われてきました。

しかし、経験がないことを人はほとんど達成することはできません。

ということはホームランを打ったことがない人は、ホームランを打つことができないというわけです。

さらにホームランを打つ練習は、バッティングにおいて根本的に大切なことなので、バッティング技術を高めるためには、ホームランを狙うべきです。

なぜなら、

バッティングトレーニングとはホームランを狙った練習をすること

だからです。

>次のページ:バッターとしてホームランを狙わないのは未来を失う

技術向上の関連記事

Contents Menu

簡単にバットの芯で捉えられるようになる裏技
バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ
バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。
芯で捉えられない最大の原因はフルスイングをしないから
野球選手は筋トレで体を弱くしている
テイクバック不要論【理論編】が無料で読めるチャンス! ~【実践編】発売記念~

最新記事のチェックにフォローしよう