技術向上

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする

バッティングを良くしようとトレーニングした時、「良くなっちゃった」という形で進めなければなりません。

何のことを言っているのか分かりにくいと思いまが、これは意外と真面目な話です。

野球選手がトレーニングした時、「何かを意識して取り組む」というのが普通だと思います。

例えば、「内角」が打てなければ「内角」を意識してスイングし、「ワンバウンド」を振ってしまうのであればワンバウンドを振らないように意識をしながらバッティングトレーニングをしています。

しかし、実はこの「意識」こそが上達の邪魔をしてしまっているケースが多々存在しています。

内容によって「意識する」ことが、パフォーマンスの向上の弊害となっています。

逆に言えば、意識しない方が良いケースが多いということです。

では、どのようなことを意識してトレーニングすると、パフォーマンスの向上を妨げてしまうのでしょうか。

それは、

相手の力量によって左右されてしまうようなもの

です。

例えば、

・ワンバウンドを振ろうと思わないのに振ってしまう
・内角を打ちたくても打てない

などです。

こういった類のものは、意識すればするほど、望んでいる結果からは遠ざかっていってしまうでしょう。

もっと簡単に言えば、

トレーニングは自分で改善できるもの以外やらなくていい

ということです。

とはいえ、変に癖づいてしまい同じ失敗を繰り返してしまっていることを放置するわけにもいけません。

では、そんな時にはどのようにして改善していけばいいのでしょうか。

それこそが冒頭で触れた言葉「なっちゃった」が野球選手を救ってくれます。

つまり、

打とうと思って打つのではなく「打てちゃった」という形で打つ

ということです。

結果を意識せずに結果的に良くなるようなことを考えましょう。

>次のページ:人間は動作自体を意識することで変化させるのは難しい

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングにテイクバックは必要なのか?
サボると上手くなるのが野球界の現実
バッティングは筋力があるから打球が飛ぶわけではない
バッティングは当てにいくと当たらなくなるのが野球
ホームランの打ち方 ~ホームランから遠ざかる2つのバッティング指導法~
筋トレが野球選手に必要ないと考えたことはありますか?

最新記事のチェックにフォローしよう