技術向上

体幹を使ったバッティングって何?

体幹を使ったバッティングって何?

最近の野球界は「体幹」という言葉がある種のブームになっています。

どんなプレーをする時にも、どんなトレーニングをする時にも「体幹」を使うことを求められます。

ところで、野球選手には「体幹」が大切とよく言われますが、なぜ大切か考えたことはあるでしょうか。

これだけ「体幹」という言葉が一般化しているにも関わらず、「体幹」が何を指しているのか説明できる人は限りなく少ない現状があります。

「体幹」が何を意味しているのか分からないのに「体幹を使ったバッティング」について語る意味はあるでしょうか。

「体幹を鍛えろ」、「体幹を使え」と言っている人がいうことは、大半が「腹筋」や「背筋」を鍛えているだけの内容です。

まずは「体幹」の意味を知った上で、「体幹を使ったバッティング」を考えましょう。

「体幹」については過去の記事で記しているので、そちらをご確認ください(『体幹って本当に意味が分かって使ってますか?』)。

>次のページ:体幹を使ったバッティング

技術向上の関連記事

Contents Menu

イレギュラーバウンドする打球を打つバッティング方法
野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない
野球選手が外野の守備範囲を広げる方法
バッティングでバットが最短距離で出るのは結果論
打球に飛距離を生み出すために考えなければいけないこと
バッターがテイクバックをとらないのはこれからの常識

最新記事のチェックにフォローしよう