技術向上

体幹を使ったバッティングって何?

体幹を使ったバッティングって何?

最近の野球界は「体幹」という言葉がある種のブームになっています。

どんなプレーをする時にも、どんなトレーニングをする時にも「体幹」を使うことを求められます。

ところで、野球選手には「体幹」が大切とよく言われますが、なぜ大切か考えたことはあるでしょうか。

これだけ「体幹」という言葉が一般化しているにも関わらず、「体幹」が何を指しているのか説明できる人は限りなく少ない現状があります。

「体幹」が何を意味しているのか分からないのに「体幹を使ったバッティング」について語る意味はあるでしょうか。

「体幹を鍛えろ」、「体幹を使え」と言っている人がいうことは、大半が「腹筋」や「背筋」を鍛えているだけの内容です。

まずは「体幹」の意味を知った上で、「体幹を使ったバッティング」を考えましょう。

「体幹」については過去の記事で記しているので、そちらをご確認ください(『体幹って本当に意味が分かって使ってますか?』)。

>次のページ:体幹を使ったバッティング

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手に横隔膜が大切な理由を知っていますか?
バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由
軸がぶれないバッティングとは何なのか
バッティングで力を込めたければ力を抜くこと
野球界のバッティングトレーニングは間違いだらけ
ホームランを狙わないことは野球選手の未来を奪う。

最新記事のチェックにフォローしよう