技術向上

体幹って本当に意味が分かって使ってますか?

体幹って本当に意味が分かって使ってますか?

野球界では「体幹トレーニング」が流行っています。

そのトレーニングの内容を見ていくと、主に「腹筋」や「背筋」を手を変え品を変えトレーニングしているものばかりです。

これでは「体幹トレーニング」としては不十分で、むしろ大した意味がないということをご存じでしょうか。

そもそも「体幹」とは何を意味しているのでしょうか。

野球界の現状を見れば、「体幹」を適切に捉えている人は皆無でしょう。

「体幹」とは「腹筋」や「背筋」だけを指す言葉ではありません。

「体幹」という言葉はもっと広く、厚みがあります。

そして中身までもあります。

それなのに、「腹筋」、「背筋」という極表層的な部分しかトレーニングしていません。

本来の「体幹」で言う所の10%程度でしかないでしょう。

なぜなら、

体幹とは、鎖骨から肩甲棘(けんこうきょく)を結ぶ線から下方、上肢下肢を除く部分

の事を指します。

つまり、腕の付け根から内側、足の付け根から上側、首から下のことを指して「体幹」と言います。

>次のページ:本当の「体幹」トレーニングを行うためには

技術向上の関連記事

Contents Menu

ボールを身体とバットの内側に! ~バッティングするボールを軽く感じる方法~
活躍している野球選手の真似をするのは無意味
バッティングをする時にヘッドは下がらなければバットを振れない
ヘッドをたてる・・・なんて物理的に考えたら無理
いつまで何十年も前からの練習をやり続けるの? ~野球界はトップダウンの練習ばかり~
走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

最新記事のチェックにフォローしよう