技術向上

バッティングの重心位置は前でも後ろでも構わない。

バッティングの時の重心位置は後ろがいいのか前がいいのか

打者がバッティングする時に重心の位置をどうしたらいいのか・・・という議論は昔から常に行われてきました。

後ろにすればいいのか・・・前にすればいいのか・・・未だに結論は出ていない問題です。

しかし、この問題には答えが出ない状態が至って普通の状態です。

なぜなら、

適切な重心位置は選手の特性によって違うから

です。

こんなことを言ってしまうと元も子もないような気がしますが、人体の構造を考えていけば「人それぞれ違う」ことが当たり前だと理解できます。

野球界は重心位置を始め、様々な物事に決め事を作ろうとしますが、野球選手は野球選手である前に一人の人間であることを大前提に考えなければいけません。

全ての人が分かっていることなのに、いざ現場に直面すると個々の特性というのは無視されています。

本日の重心位置の話を基に、今まで常識のように語られてきている野球界の考え方やトレーニング方法を改めて検証しなおしてみましょう。

>次のページ:野球選手としての特性は小学生の間に大半が決まっている

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手に短距離走の速さは必要ありません
打者はバッティングを良くしたいなら決明子を食べろ!
野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない
バッティングに必要なのは「ひねらず」に「螺旋状」に力を伝えること?!
野球選手は指導者の不安を解消するための道具ではない
野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】

最新記事のチェックにフォローしよう