技術向上

バッティングは回転を意識してはいけない

バッティングは直線の動きを意識せよ

バッティングは「スイング」と呼ばれるため「回転」を意識するように指導されることが大半です。

しかし、

人間の身体の構造を考えれば回転を意識するとバッティングは良くならない

ということが分かっています。

現実として、

バッティングは「直線運動の複合」

で実現できています。

第三者から見れば、回転しているように見えても、実際の身体のパーツパーツは直線運動を行っています。

さらに言えば、

人間の動きの大半は直線運動の複合によって実現している

ということを忘れてはいけません。

つまり、

人間の動作は直線的な運動をすることが効率的である身体の構造をしている

ということです。

この事実は人間の関節の構造を見れば簡単に分かります。

人間の大半の関節は「曲げ伸ばし」や「一方向のみの動き」が最も力が出る構造をしています。

この関節構造の特徴を考えてバッティングに置き換えれば、

バッティングは直線的な動きの複合で螺旋的な動きを実現すると無駄なエネルギーを使わずに、インパクトの瞬間に100%の力を発揮することができる

ということです。

つまりは「バッティングを上達させたいならば直線を意識せよ」ということです。

>次のページ:人間は非効率な動きでもバッティングができる

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球の常識はスポーツの非常識part2/Kindle版【発売開始】
バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと
フライをあげるのはそんなに悪いことではない
打者は春になるとスイングが鈍くなるって知ってた? ~冬場にやるトレーニングの無意味さ~
テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~
上手くなりたければバットは振ってはいけない?!~これからのバッティングトレーニング

最新記事のチェックにフォローしよう