技術向上

体全体をフルに使ったバッティングって何のこと?

体をフルに使ったバッティングって何のこと?

野球をやっていると、「体全体を使って〇〇しろ」と指導されることが必ずあります。

それと同時に、「体がうまく使えている」、「体の使い方が下手」といったことをよく耳にします。

しかしその実状は

結果が出ている選手(もしくはタイミング)が体が使えていて、結果が出ていない選手が体が使えていない

と判断しているに過ぎません。

これでは、本当に体全体をフルに使って「バッティング」をしているかどうかの判断ではありません。

ただ結果が出ている選手に対しての賛辞の言葉として使っているに過ぎません。

体全体をフルに使ったプレーというのは、「関節の角度」、「バーベルをたくさん持ち上げられる」といった事で力を発揮している状態といったレベルの話ではありません。

それでは、「体全体をフルに使ったバッティング」とは何のことなのでしょうか。

それは、

地面からの力を効率的に、ロスすることなく伝達することができている状態

のことを意味しています。

そしてその力の伝達を効率的に行うためのハブとして「体幹」がしっかりしていることが大切です(『体幹がなぜ大切か知っていますか? ~体幹はあくまで「ハブ」であるだけ~』)。

「体幹」がしっかりしているとは、「腹筋」や「背筋」が強いという事ではなく、体の「中心軸」が安定しているという意味です(『「体幹トレーニング」の「体幹」ってなんのこと? ~本当の「体幹」を鍛える唯一の方法~』)。

足先から入った力が「体幹」で凝縮され、凝縮された力を効率的に(ロスすることなく)四肢に伝達する事ができると大きなエネルギーを生み出す事ができます。

上記の内容を守ったバッティングができていれば、線の細そうな選手であっても力強い打球や、ホームラン級の飛距離を出すことができます。

>次のページ:体全体をフルに使ったバッティングを手に入れるトレーニング方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手に筋トレが必要ない理由
強打者の条件 ~強打者なるためのバッティング
野球を上達したければ監督のハナシは聞き流せ
バッティングにスイングスピードはいらない
野球選手が野球を通して学べる事
野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない

最新記事のチェックにフォローしよう