バッティングは振るよりも押し出す感覚が大事!

あなたはどんな感覚でスイングしてますか?

皆さん、バット振ってますか?

打者の方は、試合での活躍を夢見て、来る日も来る日もスイングされていると思います。

と、ここで質問。

 

どんな感覚でスイングしていますか?

 

唐突すぎて答えにくいですかね。笑

多くの方は、スイングスピードを上げようと「振る」感覚でスイングされている方が多いと思います。

しかし、今回の記事では、この感覚について検証していきたいと思います。

そして実は、プロの方でも、「振る」というよりも「押し出す」という感覚でスイングしている人が多いという事実も合わせて検証していきたいと思います。

スイングは直線的にぶつける

打者というのは、感覚的に、バットの芯の軌道と、ボールの軌道をあわせることで、バットにボールをあてることができています。

野球は、ゴルフのようにシャフトにヘッドが付いていて、シャフトのしなりによって打つものではないので、直線的にボールとバットを合わせるような感覚で打つことが必要です。

以前の記事でも記しましたが、バットは人間の力レベルのスイングではしなりません。

 

バットは人間の力レベルではしならないって知ってた?

takebat_article016

つまり、バッティングはインパクトの場所(ボールとバットがぶつかる瞬間)に対して、点で捉えるよりも、直線的にバットの芯をぶつける意識を持って行うことが最適です。

直線的に捉える場合、バットにボールをぶつける感覚で打つわけなので、この打ち方で飛距離を出すためには、ぶつけながら押し出すように打つことが必要になってきます。

そしてそこには俗にいうスイングスピードというのは関係ありません。

押し出すスイングの注意点

しかし、この際に注意点があります。

それは

 

脱力した構えでいること

 

です。

脱力した状態からインパクトに向かって、直線的にバットを出し、押し込むような感覚で、ボールを打つことで、効率的な力の伝達が実現します。

これも以前に記した記事で詳しく解説しているので以下をご覧ください。

 

最大限に強く飛距離のでる打球を打つためのポイントとコツ

takebat_article021

 

今回記したスイングができるとバッティングはとてもシンプルで楽しいものに感じることができます。

変化球への対応や速球への対応も柔軟に出来るようになります。

今まで差し込まれたり、およいでしまったりしてなかなかうまく打つことができずに悩んでいた方もこれができると、その悩みも解消されてしまいます。

ただ、意外と難しいのが「脱力」。

人間は意識していないと必ず力が入ってしまいます。

できるだけ脱力することがポイントなので、脱力する練習が必要です。何度も言うようですが、脱力することは練習しても練習してもなかなか難しいものですので、継続的な練習が必要です。

脱力を習得した後、「振るスイング」から「押し出すスイング」に変化できるように練習しましょう♪

なんとか、この「脱力」を感じることができるバットを開発しようとしているのですが、悪戦苦闘中・・・。

また追って経過報告はしていきます~♪

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球界の常識的なアドバイスに踊らされてはいけない

2017年3月16日

筋トレをしたところでパフォーマンスが高まるわけではない ~野球選手に「筋トレ本」は不必要~

2016年3月3日

野球選手の筋トレの代償を考えたことがありますか?

2017年10月8日

野球選手のウォーミングアップは7割が無駄

2016年12月17日

野球選手が左右対称に鍛える必要がない理由

2016年12月20日

森友哉・中村剛也・落合博満選手のバッティングの共通点

2016年7月11日