竹バット

最大限に強く飛距離のでる打球を打つためのポイントとコツ

力強い打球を打つために力強く振る

打者にとって力強い打球というのは最重要に意識するポイントではないでしょうか?

力強い打球が良いか悪いかということは、今回の本題とはそれるので割愛させて頂いますが、みなさんが「力強い打球」を打つために心がけていることはなんでしょうか?

恐らく「力強く振ること」だと思います。

 

力強く振ることで、力強い打球を打つことが実現し、必然的に飛距離が伸びていく

 

これが大半の方の思考ではないかと思います。

この考え方は大方は正しいことだと思います。

しかし、ここで考えて頂きたいのは、

 

「力強く振る」とは何なのか?

 

ということについてです。

力強く振るとは、効率的に力を伝えること

皆さんは「力強く振ること」について考えてみたことはあるでしょうか?

実際に私が現役だっと頃のお話をすると、恥ずかしながら「目いっぱい」バットを振り続けていました。

イメージトレーニングとは名ばかりに、今思えば、ただ漫然とスイングを繰り返していたと猛省しています。(カウントや、ケース、投手のパターンぐらいは想定していましたが・・・)

では、本題の「力強く振るとは何なのか」ということを考えるポイントとしては、求める結果がなんなのか、ということを考えてみることだと思います。

それは、「力強い打球を、そして遠くまで飛ばす飛距離を」手に入れることが求める結果だということです。

そのためにはバッティングに必要な筋肉が発達していることが関わってくることは間違いないのですが(決して筋トレをしましょうということではありません)、

「力強い打球を、そして遠くまで飛ばす飛距離を」手に入れるためには、

 

投じられたボールに自分が持つ力を効率的に伝えること

 

が重要であることは間違いないことだと思います。

では、どのようにして、投手が投じたボールにバットを効率的にぶつけることができれば、「力強い打球を、そして遠くまで飛ばす飛距離を」実現することができると言えます。

効率的に力をボールに伝える方法

最初に答えから言ってしまいます。

 

「力をぬくこと」

 

意外でしたか?

人間の体は力を入れた状態から、さらに力を入れることは困難です。しかも意外や意外、力を抜いたと思っていても、力はぬけていません。ちょうど中途半端な力を入れている状態を人間は常に維持しています。

ここで最重要なとは、力をどれだけ抜るかがポイントとなります。

これはどういうことかというと、インパクトに対して最大の力 を発揮できるは力をぬいた構えをできるかどうか、ということに他なりません。

インパクト時に最大の力を発揮できる力をぬいた構えを実現できれば、効率的に力をボールに伝えることが可能となり、そしてそれは、結果として、力強い打球を、そして遠くまで飛ばす飛距離を手にいれることができます。

でも実はこの「力をぬいた」ということを実現するのは、とても難しいことなんです。

先ほども触れましたが、人間は意識せずとも、常に、中途半端に力を入れている状態を維持しています。

この状態から「脱力」した状態へもっていくには意識的なトレーニングが必要です。

脱力を感じる方法

人間は基本的には「脱力」した状態というのは、意識的につくらなければ、つくることはできません。なぜなら、無意識の状態ですら、力が入った状態だからです。

しかし、この「脱力」を体感してみる簡単な方法があるので、一度体験し、同じ状態を構えでできるように、バッティングに組み込んでみてください。

まず、仰向けに寝転んでみてください。

その状態で深呼吸を20回ほど行いながら、身体の隅々まで力をぬくよう意識してくだあい。

この時に背中が地面に埋もれていくような感覚が得られたら「脱力」は成功しています。

簡単とはいってもすぐにはできないかもしれませんが、数回チャレンジしてみれば誰であれ「脱力」を感じることができるようになるはずです。

この「脱力」を感じることができれば、あとは同じ感覚をバットを構えた時に実感できるかを調整すれば、力強い打球を、そして遠くまで飛ばす飛距離を手にいれることができるので、一度試してみてくださいね!

実は今、そんな「脱力した」構えをチェックできるようなトレーニングバットを開発しております♪ 詳細については追って連絡していきますので、ご期待くださいね♪

また、冒頭の方で若干触れた、「バッティングに必要な筋肉を発達させるためには「筋トレ」が必要というわけではありません」とお伝えした内容については以下の記事でご紹介しているので、あわせて読んでみてくださいね♪

 

筋肉はつけるものではなく自然についちゃうもの

yakyukata_article013

竹バットの関連記事

Contents Menu

ストレッチでアキレス腱なんて伸ばすと危険
打倒竹バット宣言‼ ~炭化竹バットが本物のバッティング技術をつくる~
MONOBUNを使うとバッティングにどんな変化があるの?
竹バットでバッティング練習すると技術が身に付くって本当?
本気で上手くなりたいなら「監督」や「コーチ」を疑え!
takebat.com1週間まとめ記事(2016年3月14日~3月20日ver.)

最新記事のチェックにフォローしよう