野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう

野球界は他のスポーツから学ぶ姿勢を持とう

日本のスポーツにおいて「野球」というスポーツの位置付けは「国技」と言っても過言ではありません。

そのため、プレイヤーや関係者は、思ってもいなくても「国内ナンバーワン」だというくらいの大きなツラをしています。

プライドを持ってプレーすることは大切な部分もありますが、冷静になって考えてください。

今や日本は昔のような状態ではなくなっています。

現実として、野球界の中にも野球を続けるうちに将来的なデメリットがあることに気づく人が増えてきています。

様々なインフラの整備によって、海外を始めとした、昔では考えられなかった情報が、簡単に手に入れることができてしまいます。

それに伴ってか、子ども達のスポーツの選択肢も広まり、世界的なスポーツを選択するという人が増えている傾向にあります。

その代表格は「サッカー」でしょう。

そんな中で「野球」はというと、冷静に見れば世界的なスポーツではありません。

そのため「野球」の世界的評価は次第に低くなってくるのは当然です。

野球は世界的に見ればマイナースポーツです。

世界との壁が下がれば下がるほど、国内において野球が衰退していく傾向にあるのは当然の流れです。

昔のように国内だけの情報がメインだった時代とは全く状況が違います。

人はもっと世界的なスポーツ、もっと楽しいスポーツへと流れていくのが当然です。

それにも関わらず「野球界」は現状に気がつかず、未だに野球がナンバーワンのスポーツだと思っています。

>次のページ:いつまで野球が日本でナンバーワンのスポーツだと思っているの?

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手が練習で走り込みをやらない勇気が必要な理由

2017年10月14日

ゴロは腰を落として捕ると捕れなくなる

2017年1月12日

バッティングマシンと投手のボールはなぜ違う?

2016年9月10日

【元】ジャイアンツ×【現】治療家に聞く野球選手に大切なこと ~Haris Paris(ハリパリ)鍼灸整骨院/芦澤明氏~

2016年4月1日

打者が目指すべきこと

2016年10月8日

これからのバッティングはバットを振らない

2017年5月11日