これからのバッティングはバットを振らない

これからのバッティングはバットを振らない

バッターがバッティングをする時、必ずバットを振ります。

これは紛れもない話で、議論の余地はありません。

しかし、見た目として起こっていることを意識すればいいのか・・・という話は別物です。

なぜなら、

バッターがバッティングをする際には「バット」を「振る」というよりも「ボール」に「バット」を「ぶつける」という意識で臨んだ方がいいから

です。

これは人間の身体の構造と物理の法則から考えれば分かってくることです。

棒状のモノ(バット)を手に持ち、何らかの対象(ボール)に対して強いダメージを与えることを考えた時、「振る」よりも「押し込む」意識を持った方が対象(ボール)に対して強いダメージを与えることができます。

ちなみに、この現象は「真剣」を使って何かを切る時にも同じことが言えます。

切る対象に対して「真剣」を振ってしまうと途中で止まり切ることができません。

それが「真剣」を押し込むようにずらすと綺麗に対象を切ることができます。

殺傷性を高めた「真剣」でも同じことが言えると考えれば、「バッティング」においても「ボール」を力強く遠くに飛ばすためには、「押し込む」必要性があると言えます。

「バッティング」のキモは、

「インパクト」の瞬間にどれだけ大きなエネルギーを伝えることができるか

ということです。

そしてそれは、スイングスピードが速ければ良いわけではありません(『バッティングにスイングスピードはいらない』)。

>次のページ:押し込むスイングを手に入れるバッティングトレーニング方法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手が水分を取るとバテやすくなるのは本当

2017年5月17日

野球選手が練習で走り込みをやらない勇気が必要な理由

2017年10月14日

そもそも人間の身体は科学しきれていませんよ? ~科学的根拠を求めた練習をする危険性~

2016年3月8日

野球を上達したいなら練習をシンプルに考えましょう。

2016年12月26日

野球選手に筋トレが意味をなさない理由

2016年3月4日

野球の常識はスポーツの非常識part2/Kindle版【発売開始】

2016年8月24日