技術向上

野球選手はトレーニングをする前に腹筋・背筋がなぜ大切なのか考えよう

野球選手はトレーニングをする前に腹筋・背筋がなぜ大切なのか考えよう

野球選手は「腹筋」を鍛えるのが大好き(?)です。

同じく「背筋」も鍛えるのが大好きです。

もっと言えば、苦痛なはずの「筋トレ」が大好きです。

今はやりの「体幹」トレーニングも、その実情を紐解けば「腹筋」や「背筋」を様々なアプローチで鍛える内容のものが大半です。

そのため、野球界で行われている「体幹」トレーニングの大半は「腹筋」や「背筋」を鍛えていると置き換えても支障はありません。

そんな筋トレが大好き野球人には、一つ考えて頂きたいことがあります。

それは

「腹筋」と「背筋」が大切なのはなぜなのか

ということです。

どんなスポーツをやっていても「腹筋」や「背筋」は大切だと言われます。

しかし、これだけトレーニングをする人がたくさんいるのに、「なぜ大切なのか」という質問に対して明確な答えを持っている人は極端に少なくなります。

「腹筋」や「背筋」を鍛えれば「体幹」が強くなるのでしょうか?

「腹筋」や「背筋」を鍛えれば野球が上手くなるのでしょうか?

そしてその根拠は何なのでしょうか。

もし根拠を持っていないのであれば、そのトレーニングは無意味に等しく、ただ疲労を貯めるだけにやっていると言っても過言ではありません(『筋トレが野球選手に必要ないと考えたことはありますか?』)。

本日の記事では「腹筋」と「背筋」を中心に説明しますが、その他のトレーニング全般に当てはまる大切な考え方のハナシをするので、一例として捉えてください。

「腹筋」や「背筋」が大切であることは否定しません。

しかし、その大切な理由が分からないままトレーニングするということは、自動車のブレーキが何の役割か理解せずに自動車の運転をしているような状態です。

どれだけ危険な状態か想像するのはたやすいでしょう。

ぜひこの機会に「腹筋」と「背筋」について適切な知識を身に着けておきましょう。

>次のページ:いくらトレーニングしても背筋は腹筋より強くならない

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球が上達したいなら罰ゲーム的な練習を排除せよ。
野球選手に足りないモノ ~野球はマイナースポーツだと理解すること~
バッティングは筋力があるから打球が飛ぶわけではない
目で見るから失敗しています。 ~ボール球の変化球を見極める技術~
野球に正しいバッティングフォームなんて存在しない
野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない

最新記事のチェックにフォローしよう