技術向上

インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない

インコースを見逃してしまう原因はバッティング技術ではない

バッターで「いつも初球を見逃してしまう」、「よく見逃しの三振をしてしまう」、そしてその時のコースが、全て決まって「インコース」、またはその他のコースで特定されているなんてこと良くありますよね。

さて、そんな時に野球界ではどのような対策をとることが一般的でしょうか。

苦手だと思って、練習中に「インコース」のボールを打つ練習を繰り返しいていませんか?

これは、はっきり言って逆効果です。

仮に「インコース」が打てるようになってもおそらく別のコースが打てなくなるでしょう。

大半が「インコース」が克服されることもなく、全体の調子をくずような結果になります。

「インコース」をよく見逃してしまう選手は、自然と「インコース」に対して苦手意識をもってしまうものです。

しかし、実は、「インコース」を見逃してしまう原因は苦手だからではありません。

またバッティング技術が足りていないからというものでもありません。

 

では、「インコース」を見逃してしまう選手の、その原因とは何なのでしょうか。

それは

紛れもなく「イップス/運動障害」

です。

苦手だから打てないわけではなく、単純に「イップス」なだけです。

「だけ」と記しましたが、「イップス」の明確な対処法が発見されていないので深刻と言えば深刻です。

「イップス」なので、分かっていても見逃してしまったり、狙っていても見逃してしまいます。

これは投手の餌食と言っていいでしょう。

バレたらおしまいです。

初球は「インコース」に攻めれば、間違いなく「ストライク」がとれるわけです。

そして決め球も「インコース」に投げれば三振が取れるため格好の餌食でしょう。

ただし、イップスはどれだけ優秀な打者であっても陥ってしまう現象です。

昨年までは4番を打っていたのに、打者の「イップス」に陥ってしまい、特定のコースを見逃すようになり、スタメンを外されベンチで代打要員として待機しているというような選手がいます。

こういった選手は、チームには少なからず必ず存在します。

>次のページ:「インコース」の「イップス」対処方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手は「強さ」の定義を明確にしなければいけません。
フライばかり打ち上げてしまう時の対処法
高校野球選手が最も大切にしなければならないこと
筋肉で飛ばそうとするのはもう辞めましょう。 ~打球を遠くに飛ばすために必要なこと~
バッティングで変化球に泳がされないために必要なこと
野球の守備が上手くなりたければ、バッティングカウントを知れ

最新記事のチェックにフォローしよう