手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

打者がバッティングしている中で、よくある故障と言えば「手首(リスト)」を痛めてしまうことでしょう。

ただ、冷静に考えてみれば、石のように硬いボールが100km/hを超えるスピードで飛んできているのを打っていることを考えれば、故障するのが当たり前のような気がします。

とくに

グリップエンドに近い手首が痛くなることが多い

ですよね。

そのリストの痛みは、

TFCC損傷と言われる症状

が大半です。

「TFCC損傷」とは「三角線維軟骨複合体損傷」とも言われ、この「痛み」が出始めると、バットを振る時になかなか厄介な存在となります。

なぜならバットを振るたびに必ず痛む故障だからです。

野球選手の多くの対処法は、手首をテーピングなどで固定するぐらいでしょう。

では、そんなTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)になってしまった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

>次のページ:TFCC損傷の痛みを軽減する方法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バックネットに飛ぶファールに意味なんてない

2016年9月3日

森友哉・中村剛也・落合博満選手のバッティングの共通点

2016年7月11日

野球選手に短距離走の速さは必要ありません

2016年11月21日

野球選手に下半身の強さはいらない

2016年12月21日

バッティングで狙うなら高めが有利?低めが有利?

2017年4月8日

野球選手に必要な筋肉を鍛える筋トレ方法

2016年12月31日