技術向上

手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

打者がバッティングしている中で、よくある故障と言えば「手首(リスト)」を痛めてしまうことでしょう。

ただ、冷静に考えてみれば、石のように硬いボールが100km/hを超えるスピードで飛んできているのを打っていることを考えれば、故障するのが当たり前のような気がします。

とくに

グリップエンドに近い手首が痛くなることが多い

ですよね。

そのリストの痛みは、

TFCC損傷と言われる症状

が大半です。

「TFCC損傷」とは「三角線維軟骨複合体損傷」とも言われ、この「痛み」が出始めると、バットを振る時になかなか厄介な存在となります。

なぜならバットを振るたびに必ず痛む故障だからです。

野球選手の多くの対処法は、手首をテーピングなどで固定するぐらいでしょう。

では、そんなTFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)になってしまった場合、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

>次のページ:TFCC損傷の痛みを軽減する方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

ID野球って一般社会からすると何をいまさら・・・と言うハナシ
バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。
ボールが止まって見える方法??!
バックネットに飛ぶファールに意味なんてない
相手の監督を惑わせて試合を制する ~非常識な勝利を掴み取る方法~
試合に出られるかどうかは結果にしかないと本気で理解していますか?

最新記事のチェックにフォローしよう