技術向上

バッティングでゴロばかり打って楽しいですか?

ホームランが打てるのは才能なのか?

野球をしていれば、誰もが一度はオーバーフェンスするホームランに憧れます。

しかし、野球選手の中には一度もオーバーフェンスの快感を味わうことなく野球人生を終えていく人が大半でしょう。

さらに、そんな中から選ばれし者だけがオーバーフェンスするようなホームランを量産します。

その違いは、ある程度の練習と才能だと言われてきました。

ただし、それは今までの野球界の常識です。

ホームラン(オーバーフェンスするような)には確かな打ち方があります。

大半の選手がホームランを打つための練習をしたことがないだけで、たまたま才能があった人だけが許されるような状況が生まれているに過ぎません。

そんな状況を創る最悪のアドバイスが

バッティングはライナーからゴロを転がす意識で強い打球を打て

というものです。

このアドバイスの正否はさておき、バッティングでゴロを打って楽しいでしょうか?

「楽しい」、「楽しくない」で野球の練習を判断すると一部の方に怒られてしまいそうですが、現状の野球界を見れば今まで通りのやり方をやっていては進展はありえません。

むしろ、野球人気の低迷が叫ばれてしまている中で、そんな状況を覆すためには「楽しい」というキーワードが重要になってきます。

>次のページ:バッティングでホームランを打つ練習をしたことがありますか?

技術向上の関連記事

Contents Menu

トスバッティングが意味をなさない理由
前側の腕でひっぱるようにスイングすると良い・・・なんて嘘。
TFCC損傷って知ってる? ~打者のリストを痛めやすい理由と対処法~
野球界に今ある常識よりも10年先の常識を考えて練習しよう。
野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか
チームバッティングをするために必要なバッティングトレーニング方法

最新記事のチェックにフォローしよう