技術向上

バッティングが上手くいかない原因は目で見えるもので判断するから

バッティングは、打てない時はとことん打てなくなる

なかなかうまく打てない・・・・・。

それはなぜでしょう。

答えは簡単、

勉強が足りないから

です。

といきなり辛口なことを言いましたが、冗談です。笑

それではなぜ、打てないのでしょうか?

自分で考えたことはあるでしょうか。

原因が自分の中にあることは間違いありません。

打てないような動きをしているのであれば、物理的な問題なので、ビデオや写真を見て検証することも一つの手でしょう。

また「監督」や「コーチ」といった周囲の人間にアドバイスを求める方法があります。

しかしそれでも、なかなか打てるようにはなりません。

打者が打てない時というのはだいたいこんなループにはまってしまっているのではないでしょうか。

そんな時は、打てない原因は野球界で言われているような常識の中にはないのかもしれません。

>次のページ:打てない原因は目に見える所にないことが大半

技術向上の関連記事

Contents Menu

方法は1つしかありません。 ~守備範囲を広げるたった1つの方法~
バッターがすべきバッティング練習とは
バッティング技術を高めるトレーニング方法
バッティングマシンと投手が投げる140km/hのボールが違う理由
夏の大会で勝利するために大切なことまとめ
野球はチームスポーツではない理由

最新記事のチェックにフォローしよう