技術向上

野球選手は主張が足りないから成長しない

野球選手は自分たちが置かれている状況を理解しましょう。

人には人それぞれの価値観が存在します。

当然ながら野球選手にも一人一人違った価値観が存在しています。

しかし、野球界は縦社会が色濃く残る業界です。

年上が「絶対」で、仮に間違っていることや、間違っていると思えることを年上から言われても「ハイ」の一言で、行動を起こさなければならない場面が数多くあります。

否定もしくは、少しでも嫌な顔をしようものなら即説教です。

10年から20年以上前の野球界はまさしくこのような世界でした。

ここ最近の野球界は徐々に変化してきたとは言え、完全になくなっているわけではありません。

縦社会が必要とされた時代があったのは確かですが、世の中の価値観も人それぞれである上、常に変化し続けています。

昔のように、日本の中で野球人気一強だった時代は終わっています。

さらに言えば、メジャーリーグやその他の国など野球選手の門戸も広くなってきています。

これからの(というより今も)野球選手は、それだけ多くの価値観の中で生き、勝ち抜いていかなければなりません。

プロに進む王道のパターンは今まで甲子園一択だったかもしれませんが、甲子園に出ない方がプロへの近道になる価値観が生まれるかもしれません。

サッカー界のようにユースでの活躍の方が大切になってくる可能性も多いいありえます。

野球選手は、この現代の日本においてどのような状況に置かれているのか理解しなければいけません。

>次のページ:野球選手は主張が足りない

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングは目で見たら打てなくなる
バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術
イチローがとんでもないボール球でも打てるのはなぜ?
野球選手の筋トレの代償を考えたことがありますか?
バッティングをする時に左脇を閉めろ・・・なんて大嘘。
苦手なコースはなぜ苦手なのか?~苦手なコースの克服法~

最新記事のチェックにフォローしよう