技術向上

野球選手は練習に対する考え方を改めなければならない

野球選手は練習に対する考え方を改めなければならない

野球界の練習現場を見ていると、当初の目的とずれた練習をしている光景を良く目にします。

今、冷静になって振り返ってみると、練習の趣旨が徐々に変わっていることに気づきませんか?

例えば、どこのチームでも必ず行われている反復練習がその最たる例でしょう。

何らかの動作を体に覚えこませるために反復練習は欠かすことのできない練習です。

しかし、

忘れてはいけないのが目的は体に何らかの動作を覚えこませること

です。

つまりは、身についているのであれば、それ以上やる必要はありません。

さらに厳密に考えれば、

反復練習は脳の認識と実際の体の動きとの誤差を埋めるためにやる練習

です。

感覚的に誤差を埋めることが得意な選手もいます。

大多数は反復練習で誤差を埋める必要があるのは事実ですが、一部では反復練習が必要ない人が必ず存在しています。

そんな選手にとって反復練習は弊害でしかありません。

しかも、その反復練習が当初の目的から逸れている内容だとすると目も当てられません。

>次のページ:野球の練習は苦しくなければ練習ではない・・・なんてはずはない

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手の練習を無意味にしてしまっている大きな問題
野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの
バッティングで体幹から力を伝えるために必要なこと
野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか
あなたはリラックストリガーロックって知ってますか? ~全てのバッティングの土台となる考え方~
技術がないから試合に出られないわけではない

最新記事のチェックにフォローしよう