リスト(手首)を鍛えてもバッティングは良くならない

リスト(手首)を鍛えてもバッティングは良くならない

野球界では、力強い打球や飛距離の出る打者を見て、「あの選手はリストが強い」なんて表現することがよくありますよね。

確かに「リスト(手首)」が強いと、「投手」が投げる「ボール」の勢いに打ち負けないような気がします。

ただ、この定説が事実なのか考えてみたことはありますか?

タイトルからお察しの通り、

物理的に考えれば「リスト(手首)」と打球には相関関係がない

ということを知らない人が大半ではないでしょうか。

「ボール」が力強く飛ぶということは、

「バット」と「ボール」がぶつかった時の「エネルギーの大きさ」と「角度」、「空気抵抗」などによって決まる

ため、リストの強さでは決まることはありません。

それにも関わらず、「リスト」を鍛えるために、「肘」から「手首」の間の「筋肉」を「筋トレ」で一生懸命鍛えている選手をみかけます。

そんなことすると怪我しますよ!といつも言いたくなってしまいます。

>次のページ:筋肉には各筋肉に適した働きがある

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球界の監督・コーチがやっているかなりブラックな噂話

2016年11月9日

バットを短く持つことに意味はない

2016年8月26日

バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと

2017年4月12日

野球選手に必要な「スイング」方法まとめ ~あなたはどんな「スイング」をしてるの?~

2016年6月22日

腕をしっかり振れば振るほど打球が飛ばなくなっていくという悲しい現実

2016年2月15日

いつまで何十年も前からの練習をやり続けるの? ~野球界はトップダウンの練習ばかり~

2016年3月7日