技術向上

リスト(手首)を鍛えてもバッティングは良くならない

リスト(手首)を鍛えてもバッティングは良くならない

野球界では、力強い打球や飛距離の出る打者を見て、「あの選手はリストが強い」なんて表現することがよくありますよね。

確かに「リスト(手首)」が強いと、「投手」が投げる「ボール」の勢いに打ち負けないような気がします。

ただ、この定説が事実なのか考えてみたことはありますか?

タイトルからお察しの通り、

物理的に考えれば「リスト(手首)」と打球には相関関係がない

ということを知らない人が大半ではないでしょうか。

「ボール」が力強く飛ぶということは、

「バット」と「ボール」がぶつかった時の「エネルギーの大きさ」と「角度」、「空気抵抗」などによって決まる

ため、リストの強さでは決まることはありません。

それにも関わらず、「リスト」を鍛えるために、「肘」から「手首」の間の「筋肉」を「筋トレ」で一生懸命鍛えている選手をみかけます。

そんなことすると怪我しますよ!といつも言いたくなってしまいます。

>次のページ:筋肉には各筋肉に適した働きがある

技術向上の関連記事

Contents Menu

ゴロを打てより遠くに飛ばせがこれからの常識
野球の勝敗が練習量に比例しているわけがない
野球選手のウォーミングアップは7割が無駄
置きティーバッティングに意味はありません。 ~置きティーバッティングが無意味な理由~
野球のスパイクは進化したことでパフォーマンスが退化した?!
夏の大会で勝利するために大切なことまとめ

最新記事のチェックにフォローしよう