バットを「振る」から打てないって知っていましたか? ~バットは「押して」打つ~

バットは振るものなのか?

「バットスイング」を直訳すれば、「バットを振る」ということですが、はたしてバッターがバッティングする時はスイングしているのでしょうか?

バットは長い棒ですから、振り回す、振る、スイングする、というような表現は一般的には適切だと思います。

しかし、野球選手にとって、人間の身体の構造を考えると、「スイング」、「振る」というのは適切ではありません。

力を分散させることなく、効率的に力をボールに伝えるためには、振っていては実現できません。

そして、好打者と言われるバッターは決まって、「ある形」になっています。

それは、

「押すこと」

です。

バットを「スイングする」のではなく「バットを押す」という形が適切です。

「バットスイング」、「バットを振る」、という表現を野球界では良く聞くために、いつまでたっても「バットを振る」という表現しかされません。

この言葉が頭の中に刷り込まれています。

そのため、「バットを押す」という考え方には違和感があるかもしれません。

人間の身体は3次元的な動きが苦手

しかし、体の動きや特性、力の伝達やバランスを検証すればするほど、「バットを振る」ことよりも「バットを押す」ことの方が大切だということに気づきます。

少し小難しい言い方をすれば、人間の身体は3次元の動きが苦手な構造になっています。

「振る」というのは立体的な動きであるため、身体の構造上苦手な動きです。

反対に、2次元的な動きに対しては得意で、2次元的な動きを複合させることで、3次元的に見える動作を実現しています。

バットをスイングするのではなく、バットはボールに押し出すようにぶつけていくことが合理的で効率的なバッティングの形です。

「バットを振る」という意識をもつと、「ドアースイング」や「内角が捌けないスイング」、「先端に当たって内野のボテボテのゴロになるようなスイング」になってしまいます。

これからの時代は「振る」という言葉をやめて、「出す」という言葉を使うようにしましょう。

「バット出し」「バットプッシュ」という言葉で表現した方が、高いパフォーマンスの選手がたくさん出てくるでしょう。

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球界に今ある常識よりも10年先の常識を考えよう。

2017年3月18日

バッティングをする時に左脇を閉めろ・・・なんて大嘘。

2017年4月19日

野球界の練習は僧侶育成プログラム?! ~今の野球界には進化が求められている~

2016年3月14日

打球に飛距離を生み出すために考えなければいけないこと

2016年10月6日

バッティングで打球を遠くに飛ばすために必要なこと

2017年1月4日

空振りばかりしてしまう打者には理由がある

2017年3月3日