技術向上

野球選手に筋トレが意味をなさない理由

野球選手に筋トレよりも動き方が大切なわけ

タイトルから「筋肉を鍛える必要がない」と捉えた方がいらっしゃったとしたら、まさにそんな方が行う「筋トレ」は意味をなしていないでしょう。

何も、「筋肉が必要ない」と言っているわけではなく、その「筋肉の付け方」に意味がないと言っているわけです。

野球だけではなく、スポーツ全般及び一般生活においても、「筋トレをすれば何が良くなるのか?」ということを考えてみれば、筋トレが重要ではなく他のところが大切だということが分かってきます。

「筋トレ」による筋肉の付け方と、「動作」の中での筋肉の付き方というのはまったくの別物です。

野球選手において、

野球の動きをすることが一番の「筋トレ」になる

という極端な言い方をするのには、極端なぐらいの考え方をしなければ、現状にはびこる思考を変化することが難しいからです。

「筋トレ」は「体の動作」という本質を外す働きがあるために、お勧めしていません。

また、「筋トレ」をすることで自分が本来持ち合わせている能力を曇らせてしまうことがあります。

そしてその結末が故障や怪我といった野球選手に致命傷を与えるようなこともよくあるハナシです。

ボディービルダーやプロレスラーのような体つきが野球には適さないことが多いというのもその理由の一つです。

>次のページ:野球選手の一番の「筋トレ」は野球の動きをすること

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球を指導する上で根本的に大切なこと
野球選手は自分で考える力が皆無
三振をしないために必要な2つのポイント
バッティングは筋肉で飛ばすものではありません
バッティングにスイングスピードはいらない
タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

最新記事のチェックにフォローしよう