技術向上

明日からバッティングが変わる ~芯で捉える究極の裏技~

バッティング時に芯で捉える究極の裏技

昨日の記事で『芯で捉えられないのはフルスイングをしないからです。』という記事があります。

この記事にて、たくさんのご意見を頂いたので、本日はさらに詳しく、というより反則技的な裏技を教えちゃおうと思います。

明日からあなたは、バッティングじ芯で捉えることに困らなくなっちゃいます。。。

その方法とは、

グリップを握る手と手の間隔を指1本離して持つ

というものです。

これは、今から少し解説していこうかと思いますが、結局は試してしまえば分かります。

>次のページ:バッティングは意識で変わる

技術向上の関連記事

Contents Menu

打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~
バッティングトレーニングとはホームランの練習をすること
野球の勝敗が練習量に比例しているわけがない
大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
バッティングにおいて「前を大きくスイングしろ」というアドバイスは無意味
野球選手は 太っている方がいいの? 痩せている方がいいの?

最新記事のチェックにフォローしよう