技術向上

ボールを身体とバットの内側に! ~バッティングするボールを軽く感じる方法~

打つボールを軽く感じさせる方法

バッティングをする際に、打つ球が重く感じた時というのは、簡単に言ってしまえば詰まらされている状態です。

つまり、打つボールを軽く感じさせる、ということは、投手の球に対して、打ち負けない力強いスイングをすることに他なりません。

そんな、スイングを練習する際には、なんとピッチングマシーンを使って行う練習方法がおススメなのです。

そんなピッチングマシーンをストレートに設定し、行うことが、

ボールをバットの内側に入れるようにイメージすること

です。

この練習方法に、ピッチングマシーンを使うのが一番感覚をつかみやすい方法です。

ボールをバットの内側に入れるイメージをつかむ

まずは通常どうりバッティングゲージに入りましょう。

そして通常通りの流れでバッティング練習を行います、スイングも今まで変える必要はありません。

その後、掛け声がしてからボールが飛んでくると思いますが、ボールを捉える際に、

バットと自分の体の間にボールが入るようなイメージ

でスイングしてみてください。

高めも真ん中も低めも全部同様のイメージでスイングします。

とうでしょうか?

打つボール打つボールが軽く感じないでしょうか?

実はこのスイングというのは、

後ろ側の手でボールを捉えていくバッティングの感覚

を掴むものと同じ効果を発揮しています。

そしてこれは、

手首がボールに打ち負けないバッティングフォーム

を実現しています。

バッティングは前側の腕で引っ張って打つイメージを教えられるケースもよく見かけると思いますが、前側の手に意識をもつことは効率的ではないためおすすめしません。

たまにその打ち方でもよく打つ人がいるので否定はしませんが、確率的にはたくさんの人が打てるようにはなりません。

バッティングはやはり後ろ側の手で押し込むことです。(『バッティングは振るよりも押し出す感覚が大事!』)

バックスイングを取らずに後ろの手で押し込むことで爆発的にパワーを生みます。

ちなみにこの際にバックスイングが入ることで、後ろ側の手主体での打ち方であってもパワーは半減してしまいますので注意が必要です。

(『打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~』)

バックスイングせず後ろの手で押し込むように、バットと体の間にボールが入るような意識で振ることでほとんどのボールが軽く飛んでいきます。

是非一度、練習で試してみてください。

試合中はそんなこと全く考えないでフルスイングです!

技術向上の関連記事

Contents Menu

本当に野球が上手くなりたいと思ってトレーニングをしていますか?
バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。
ボールをよく見たら打てない
バッティングは昔の選手の方が良かった部分もある
バッティングのヒントが欲しければ「コマ」を見ろ!
野球選手がボールに打ち負けないために必要なこと

最新記事のチェックにフォローしよう