技術向上

テイクバックをとるとボールが揺れる?! ~テイクバックをとるから打てません~

テイクバックをとると打てないのはボールが揺れるから

テイクバックをとるから打てないという事は過去にお伝えしてきました。

打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~

それは、テイクバックをとることで、力強い打球を打てなくなっているため、打球が飛ばなくなるということでした。

テイクバックをとればとる程 打球が飛ばなくなる事実

そして本日の記事では、テイクバックをとるともう一つデメリットがあることをお伝えしたいと思います。

それは、

テイクバックをとってしまうとボールが揺れる

ということです。

つまりは、テイクバックをとらなければ、それはボールが良く見えるということです。

良く見えるということは「ぶれない」という意味合いです。

実はプロ野球選手もテイクバックしていない?!

テイクバックによって体が捻られることで少なからず、首周りも捻られます。

それに伴って顔が動いてしまうため、ボールが揺れて見えてしまうということがわかりました。

実際にどちらも試してみていただければわかると思います。

実際にボールを凝視して打つことはありませんが、目線がぶれるということは、予測してスイングを始めた軌道にもブレが出るということですので、ボールを捉える確率は少なくなります。

ちなみに西武ライオンズの「おかわり君」こと中村剛也選手などを見ていただいてもわかりますが、構えたところからそのままバットが出ています。

ロングティーでもバッティング練習でも実際の試合でのバッティングでもです。

目線がぶれないため、投球をしっかり捉えられるだけでなく、インパクトに力を100%伝えられるので力みがなくなるため、ボールは綺麗な弧を描いて飛んでいきます。

力んで打った打球は不思議と、ドライブしたり曲がったりとします。

しかし力みなくボールに逆らわないようにバットを当てていけることから綺麗な弧を描き飛ぶ打球を打つことができると思います。

どれだけバックスイングにデメリットが多くメリットが少ないか、お分かり頂けると思います。

これは

世界のホームラン王を育てた荒川博氏

もおっしゃっています。

バックスイングを沢山とって打ててない選手は初めはバックスイングを取らない違和感はかなりのものだと思います。

しかし、打てるようになるためにバックスイングを止めてみてください。

徐々に板についてくればこっちのもの。

まだ春まで間に合います。頑張りましょうね!

技術向上の関連記事

Contents Menu

プロ野球選手の本音はチームのためになんて思っていない。
バッターのイップスのハナシ。
野球選手に冷たくて甘いものは危険です。
そのティーバッティングは何のためにやってるの?
賞賛されても野球の勝負で勝てるとは限らない
スイングする時に回転は意識してはいけない?! ~打者の股関節のハナシ~

最新記事のチェックにフォローしよう