技術向上

バッティングで打てない原因はヘッドの位置なんて気にしているから

バッティングにヘッドの位置なんて関係ない

打者が構える時に、よくヘッドの位置を気にしている選手をみかけます。

「中に入らないように」、「バットを寝かせたほうがいい」とか言われていますが、これって本当でしょうか。

答えをいってしまいますが、打てるようになるかどうかに

ヘッドの位置は関係ありません。

ヘッドの位置を気にしたからといって打てるようになるケースはほとんどありません。

ヘッドの位置はバットの出し方にはほとんど関係ありません。

むしろそんなところに意識を割くぐらいなら、他のことに意識を割いた方がよっぽどメリットがあります。

打者が意識してやらなければいけない事の最重要ポイントは

いかにテイクバックを取らないようにするか

です。

テイクバックをとらないスイングを手にいれることができれば、ヘッドの位置を考える事は不要ですし、下半身からの力をロスなく上半身に伝える事ができます。

いわゆるバランスの良い、躍動感のあるバッティングフフォームになるという事です。

そのためにヘッドの位置がどうこうというのは関係なく、むしろテイクバックをとらずにスイングするためには、自分が一番しっくりくる位置にあればそれで充分です。

>次のページ:バッティングで打てない原因を考えましょう

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手の練習を無意味にしてしまっている大きな問題
王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~
規格外の野球選手になる方法
ダウンスイングの真実~上から叩くな、ゴロなんか狙うな~
バッティングトレーニングをする前にバットを最短距離で出すの意味を知れ
野球選手に必要なのは勝つことなのか成長することなのか

最新記事のチェックにフォローしよう