技術向上

バッティングで打てない原因はヘッドの位置なんて気にしているから

バッティングにヘッドの位置なんて関係ない

打者が構える時に、よくヘッドの位置を気にしている選手をみかけます。

「中に入らないように」、「バットを寝かせたほうがいい」とか言われていますが、これって本当でしょうか。

答えをいってしまいますが、打てるようになるかどうかに

ヘッドの位置は関係ありません。

ヘッドの位置を気にしたからといって打てるようになるケースはほとんどありません。

ヘッドの位置はバットの出し方にはほとんど関係ありません。

むしろそんなところに意識を割くぐらいなら、他のことに意識を割いた方がよっぽどメリットがあります。

打者が意識してやらなければいけない事の最重要ポイントは

いかにテイクバックを取らないようにするか

です。

テイクバックをとらないスイングを手にいれることができれば、ヘッドの位置を考える事は不要ですし、下半身からの力をロスなく上半身に伝える事ができます。

いわゆるバランスの良い、躍動感のあるバッティングフフォームになるという事です。

そのためにヘッドの位置がどうこうというのは関係なく、むしろテイクバックをとらずにスイングするためには、自分が一番しっくりくる位置にあればそれで充分です。

>次のページ:バッティングで打てない原因を考えましょう

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手がいつまでも気づかない事
野球選手を引退したら野球界を離れるススメ
野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由
打球が遠くに飛ばないのは遠くに飛ばそうとしているからだって気づいてた?
バッティングを良くしたいなら練習時間を減らすこと
試合に出るために最も必要なことは技術ではありません

最新記事のチェックにフォローしよう