技術向上

野球の練習は根本的に間違っている

野球の練習は根本的に間違っている

大半の野球選手は、日夜練習を繰り返し、常日頃上手くなるための練習を探し続けていると思います。

そして毎日毎日苦しい練習をしながら上達を目指して練習をしています。

そのため野球選手であれば簡単に上達できる方法はのどから手が出る程知りたいと思っているでしょう。

しかし、これだけは明言することができます。

それは

現状の野球界の考え方の中で効果的な練習内容を知ろうとしても行き着くことはない

ということです。

なぜなら、

野球選手は練習に対しての根本的な考え方を間違ってしまっているから

です。

野球選手に限らず、スポーツ選手であれば「体」が必要です。

そして、その体が適切に動かないことには、高パフォーマンスを発揮することができません。

つまり、

野球選手にとっては身体が資本

だということです。

そんなこと分かっている・・・と思ったでしょうか。

だから筋トレを毎日しているんだ・・・と思ったでしょうか。

では、質問です。

なぜ、あなたは身体の仕組みについて勉強しないのでしょうか?

野球選手は上辺の情報には敏感で、新しいものをメーカーや有名人の発言に左右され信じ切ってしまいます。

また目上の人から言われることに対しても、疑問の余地を挟む瞬間さえありません(というより許されません)。

本気で野球選手に身体が必要不可欠だと理解できているのであれば、野球選手が最も効率的に、そして最大限の力を発揮するための方法は身体の勉強をすることです。

そして、自分だけの身体の使い方を知ることです。

それにも関わらず、野球界の現状はどうなっているでしょうか。

>次のページ:あなたはなぜ練習をしているのか考えてみたことがありますか?

技術向上の関連記事

Contents Menu

ダウンスイングでもレベルスイングでもどっちでもいい。
バッターが苦手なコースを克服する方法
MONOBUNを使って簡単にバッティングのコツを掴む方法
野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの
野球選手に筋トレが必要ない理由
バッティングの基本がゴロであるはずがない

最新記事のチェックにフォローしよう