技術向上

バットを最短距離で出すメリット

バットを最短距離で出すメリット

バッティングには様々な理論が存在し、野球界には様々なアドバイスが存在しています。

中でも、バッティングをする際に「バットを最短距離で出す」ことは良く語られることです。

確かにバットを最短距離で出せばいいのは、人間の身体の構造や物理の法則を考えれば間違いではありません。

しかし、なぜバットを最短距離で出した方がいいのか具体的に説明できるでしょうか。

恐らく大半の野球人は説明することができないでしょう。

上手い人が言っていたから・・・有名選手が言っていたから・・・著名な監督が言っていたから・・・は根拠になっていません。

いくら正しいアドバイスであったとしても、具体的に根拠を示すことができない人の言うことは聞かない方が良いでしょう。

なぜなら

そのアドバイスで「何を実現すればいいか」が明確ではないため、その理論の本質を実現できているかどうか判断できないから

です。

少し話がそれてしまいましたが、では何故バッティングにおいてバットを最短距離で出せばいいのでしょうか。

それは、

力の伝達をする時のロスが最小限に抑えられるから

です。

できるだけ長くバットが体から離れていない状況を作ることが目的です。

これはある意味「ため」と言い換えることもできるでしょう。

>次のページ:バッティングの肝はインパクトの瞬間までエネルギーをロスすることなく伝えられるか

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手がたくさん食べると弱くなる?
野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】
強く飛距離のでるバッティングに必要なこと
バッターが三振しないために大切な2つのポイント
バッティングで打球の方向を自由自在に操る方法
巨人/沢村投手は上手くいかないのを人のせいにしている場合ではない

最新記事のチェックにフォローしよう