技術向上

好打者ほどテイクバックをとらない

好打者ほどテイクバックをとらない

野球界には様々なバッティング理論がありますが、私が実際にあるプロ野球選手から聞いた面白い話があります。

その選手は球界的にも超一流と言われている選手で、所属する球団では長年レギュラーを獲得し、チームをけん引する存在の選手でした。

そんな選手にある持論を質問してみました。

それは

バッティングにテイクバックは必要ない

というものです。

当時、私は「MONOBUN」を開発していたまっただ中で、今やたくさんの方に「MONOBUN」をご愛用頂けるようになったものの、当時では「テイクバックは必要ない」というハナシはまったく理解されませんでした。

しかしそれでも、超一流と呼ばれる人であれば「テイクバック不要論」を理解してもらえるだろうと思い、勇気を振り絞って質問してみました。

すると答えは以下の通りでした。

「テイクバックは野球選手に絶対必要だ!巨人の○井のような長距離打者を含め絶対にしている。弓を思い受けべてみてほしい、引けば引くほど遠くに飛ぶでしょう。それと同じだよ。だからテイクバックを否定しているこの道具は実現してもイマイチだね。」

正直この返答には、ショックというよりもがっかりでした。

なぜなら確信があった上に、事前にその選手がテイクバックをせずにバッティングをしていることを確認していたからです。

プロの第一線で活躍している選手でさえ

自分の感覚で感じていることと実際の身体で実現していることに差があること

に気づいていないと確信した瞬間でした。

>次のページ:弓はいくら引いても遠くに飛ばない

技術向上の関連記事

Contents Menu

ホームランを打つ練習ってなぜしないの? ~ホームランの打ち方~
どんどんホームランを狙おう ~ホームランを狙うとスイングがシンプルになるという矛盾~
甲子園を目指す高校野球が野球選手としての未来をつぶす
野球の常識はスポーツの非常識part2/Kindle版【発売開始】
試合に出る一番の近道 ~指導者が選手に分かってほしいこと~
バッターが三振しないために大切な2つのポイント

最新記事のチェックにフォローしよう