技術向上

バッティングを良くしたいならボールを見ないことが基本

バッティングを良くしたいならボールを見ないことが基本

野球の試合を見ていると、必ずといって良いほどベンチから聞こえてくる声があります。

それは

ボールをよく見て振れ!

という掛け声です。

とくに打者が空振りをした際や試合経験の少ない選手にかけられることが多い言葉です。

しかし結論から言ってしまえば、

バッティングはボールを見ようとすれば見ようとするほど打てなくなる

という事実があります。

これは人間の身体の構造を考えれば見えてくる事実です。

詳しい構造に関しては『バッティングは目で見たら打てなくなる』をご覧になってください。

野球界にはこのように、人間の身体の構造を全く考えないようなアドバイスや考え方がたくさん存在しています。

そしてそれらの間違った考え方がいつまでも変わらずに存在し続けます。

少し人体の特徴を勉強すれば分かることだったり、その他の競技からすれば当たり前のように言われていることでも、野球界は間違った考え方を貫きます。

では、なぜ野球界では間違った考え方が脈々と受け継がれていくのでしょうか。

それは、

野球界には物事の効率や検証を考える習慣がなく、目うの人が言ったことは絶対的に正しいと思いこまされているから

です。

>次のページ:野球選手は自分自身で考えないから下手になる

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因
野球は物理の法則で成り立っている。
バッティングは回転を意識してはいけない
バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~
バッティングトレーニングをする前にホームランの打ち方を知ろう
バッティングの基本はゴロではない。

最新記事のチェックにフォローしよう