技術向上

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

バッティングに大切なこと

ところで、バッティングにおいて根本的に大切な事とは何なのでしょうか。

答えはあまり複雑に考えてはいけません。

バッティングに大切なことはとてもシンプルです。

それは、

「ボールを強く叩き」、「ヒット」や「ホームラン」を打つ確率を高めるにはどうしたらいいかを考えること

です。

これ以外の考え方や技術はあくまでおまけです。

「ボールを強く叩く」ことだけに意識を集中し、実現するための方法(つまりはバッティングフォーム)を自分自身で、都度オリジナルを開発することがバッティング練習に求められています。

小学生であれ、大学生であれ、社会人であれ、プロ野球選手であれ、メジャーリーガーであれ、この人間の身体の特徴から逃れることはできません。

むしろ、いち早く人間の身体の特徴に気づき(無意識の人もいますが)自分自身で実践した人が一流選手の道を歩んでいます。

バッティングフォームは作ろうとしてはいけないものです(『バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。』)。

シンプルに

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるために、自分の身体をどう使えば良いのかを考えること

がバッティングの基本です。

その結果、にじみ出てきたバッティングフォームこそが現在のあなたにとってベストなバッティングフォームです。

あなたが考えなければいけないことは、インパクトの瞬間に100%の力を発揮するためにはどうすれば良いのかを考えることだけです。

その後に、ゴロを打つためにはどうすれば良いのか、フライを打つためにはどうすればいいのか、打球の方向を操るためにはどうすれば良いのか・・・などを考えればいいだけです。

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるようなスイングができていないなら、他の何を考えても結果は大きく変わりません。

>次のページ:なぜそんなにシンプルなバッティングの基本が語られないのか

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手が左右対称に鍛える必要がない理由
大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
野球の練習をせずに上手くなる勇気を持とう
バッティングのトレーニングをするならゴロなんて狙うな
バッティングで安定した身体をつくるために必要なこと
バッターがやるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう