技術向上

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

野球界においてバッティングが語られる時、打球の飛距離とスイングスピードは比例すると考えられています。

打球に飛距離が生まれると言うことは、打球に強さがあることなので、スイングスピードが早ければ強い打球も打てるようになるという理屈です。

しかし、

スイングスピードとインパクトの強さがイコールではない

ということを忘れてはいけません。

これは、皆が体感的に知っていることではないでしょうか。

細かいことを言えば、

スイングスピードはインパクトの瞬間を測定しているわけではない

からです。

インパクト付近のバットの移動速度の平均でしかありません。

つまり、

スイングスピードはインパクトの瞬間にボールに伝達されたエネルギーの大きさを現わしているわけではない

ということです。

そのため、スイングスピードを全否定するわけではありませんが、最優先すべきことでないことが理解できると思います。

バッティングに大切なことは、

インパクトの瞬間に100%のエネルギーを伝えるバッティングフォームを目指すこと

です。

その結果、スイングスピードが高まっていく形を目指すことがバッティングを上達させる意味では理にかなっています。

>次のページ:スイングスピードを求めるとバッティングの本質から外れる

技術向上の関連記事

Contents Menu

腰を落としても守備は上手くならない
バッティング練習をするなら強打者の条件を定義せよ
野球選手に下半身の強さはいらない
打者がワンバウンドのボールをつい振ってしまうワケ
変化球はボールを見るから対応できない
坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

最新記事のチェックにフォローしよう